読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引力からの脱出速度

自営業で失敗した洋食屋のせがれの独立志向

EUのブラック企業の実態と今そこにある危機

国際問題化するブラック企業〜今後日本で解消どころか、ますます広がると“確信”する理由(1/2) | ビジネスジャーナル ・・・最近日本でよく耳にする労務管理の問題、いわゆるブラック企業についてですが、私個人の見解としては、「経営の人格」の反映としか…

管理マネジメントの限界

現代の組織のほとんどは、1900年代初期に描き上げられて以来、大して修正されていない基本設計図に基づいて構築されている。この工業化時代のパラダイムは、いわば「予測と管理」という原則に則って運営されている。つまり、事前計画を立て、一極集中型の管…

組織を不幸にするマネジャーのプレイ(実務介入)

末尾に引用したこの一説には、有能なプレイヤーが有能なマネジャーになるわけではないという額面通りの指摘のほかに、以下に挙げる3つの潜在的な問題を示唆している。 ①マネジャーや時にはリーダーが、昔取った杵柄と言わんばかりに現場に介入するとき、それ…

『ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼』松尾匡

訳あって敢えて止めていた読書再開です。どういういきさつで購入したのか忘れましたが、政局・経済情勢を見るとなかなかタイムリーな内容なので積ん読からこれを選びました。 経済学における大きな二つの流派が現在はどのようなスタンスを取って政治につなが…

「宰相のインテリジェンス: 9・11から3・11へ」手嶋龍一

前髪の髪型がいつも気になる手嶋氏の本を初めて読んでみた。 きっかけは日本企業によく見られる「結果が出ないなら、もっと頑張れ」という思考法への問題意識で、もともとは日本軍の意思決定について興味があった。 「大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲…