引力からの脱出速度

自営業で失敗した洋食屋のせがれの独立志向

EUのブラック企業の実態と今そこにある危機

 

国際問題化するブラック企業〜今後日本で解消どころか、ますます広がると“確信”する理由(1/2) | ビジネスジャーナル

 

・・・最近日本でよく耳にする労務管理の問題、いわゆるブラック企業についてですが、私個人の見解としては、「経営の人格」の反映としか捉えていず、単純化し過ぎていたようです。経営者の顔が表に出てくるかどうかはさておき、ある企業の「ブラックさ」というのは「『人』に関する興味の無さ」や「短期的視野」といった属人的な要因が支配的であると考えていたからです。

 

 これまでは不勉強ながら経営の困難さという事に理解をしつつも思っていたのですよ、「他にも方法はあったはず」と。

 

 ところがEUでの取材をベースにしたこの記事を読んで、ブラック企業の経営が如何に高度で戦略的なものかということを知って戦慄しました。さらには今の経済構造の中で生き残ることを命題とした企業体の、知的な経営によって練られた施策でさえあるということが言われているのです。ガテン系のオラオラ社長がやっていることではない!と。しかもそれは、国際経済の「低価格化」に同調する構造的な現象であると分析されています。

 

 おいおい、このままじゃ賃金労働者の環境は産業革命時代に逆行しちゃうよ!!

 

 

 

 ・・・そろそろ行き過ぎた資本主義に変わるイデオロギーを、市民たる我々が持つべきタイミングに来ているのではないか?最近そんなことをよく考えます。

 

 マイケル・サンデル教授(『これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 』)や映画監督のマイケル・ムーア氏(『キャピタリズム』)はそれを「新しい、本当の意味での民主主義」としています。

 

 卑近な例で言えば、日本のファーストフード店やコンビニで100円のドリップコーヒーが飲める昨今、果たして我々消費者はその安価な価格設定が強いる環境負荷や収奪型労働にどこまで思いを巡らせるだろうか?経済的な効率や消費者の利潤だけがこの世の正義だろうか?では、政府や企業はそこに適切な介入を果たせるだろうか?という問いに答える準備が必要な時代だと思うのです。

 

 今さら大きな政府は欲しくないし、事業分野の外にとって付けたように添えられる企業のCSR活動にも頼れそうにありません。

 

 なぜなら、現行のシステムからすれば、残念ながら政府は我々市民以上に長期的な課題(それは殆ど潜在的である)に反応する事が不得意であるということと、企業というものは世の中に存在する組織体の中でも最も自己中心的で功利主義であるという前提があるからです。(余談ですが、法学教授ジョエル・ベイカンは著作ザ・コーポレーション』で、法律の下に「人」として存在する企業が、精神分析上“サイコパス人格障害)的”である事を訴えていました。)

 

 

 私自身は、非常に肯定的なITの使い方、集合知による民主主義、情報の非対称性の逆転劇がその解になるのではと期待しています。

 企業が戦々恐々としながら口コミサイトにお伺いを立てている現実が私を大いに勇気付けるのです。

 

 

 消費者の望む低価格化と、それに伴う企業間の競争・・・すなわち資本主義におけるまっとうな市場の働き=アダム・スミスの唱えた「見えざる手」、が唱えられ300年弱経った今、その「手」が果たして頼るべき機能を備えていると見てよいかというのはマクロ経済学も未だに論争しているところです。長期的な経済安定性からすればそれは有用だろうけども、短期的な視点を絡めると反対意見が現れ喧々諤々の様相です。

 

 学者の議論は議論として、我々が収入を得て生活を営んでいくということと、購買という意思決定の中で、短期的だとしても安定的な雇用と賃金ー大げさなことではなく、一つの家庭を築いて子供を育てるだけの間の糧ーを得るための自衛策というのは、意外に身近な事柄であるという事を訴えたいのです。

 

 使い捨てを当たり前に、安価な服飾品を買い続ければ、そんな製品を製造する労働力に技術と富の歩留まりは未来永劫無いでしょう。

 

 

 あなたはこれから何本のビニール傘や何足のビーチサンダルを買うつもりですか?

 

 それ、安いかもしれませんけど、回りまわって、確実にあなたの給与水準を引き下げてますよ。

 

 この記事を読めば、その関係性に思い至ると思われます。

 

ザ・コーポレーション [DVD]

ザ・コーポレーション [DVD]

 

ザ・コーポレーション

ザ・コーポレーション

 

 

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

 

それをお金で買いますか――市場主義の限界

それをお金で買いますか――市場主義の限界